韻踏み夫による日本語ラップブログ

日本語ラップについて Twitter @rhyminaiueo

日本語ラップについて

 日本語ラップにおいて押韻は最重要の技術である。押韻はリズム感を作り出すためだけにあるのではない。押韻によって独自の表現と芸術的効果が生まれる。これを理解しない人は日本語ラップを聞いているとはいえない。

例えば、「星の数ほどいるワックMC これ聞いてビビって泣くMC まあせいぜいスキル磨きなめいめい 覚悟決めるのはお前だKJ」(キングギドラ公開処刑」)という日本でもっとも有名なディスソングの中のZEEBRAの一節は、押韻を上手く利用した一例である。くだらないラッパーが数多くおり、彼らに対して不満はあるがこの場においてはひとまず許す。だが、DRAGON ASHのボーカルであり、ZEEBRAと共演したことのあるKJについては許すことができず今からディスを行うと宣言するこの歌詞において、ディスが迫力を増すのは不特定多数のラッパーから、特定個人へと視点が急激にフォーカスするからに他ならない。このとき、対象の不特定多数性を「めいめい」の一語が担い、特定個人性を「KJ」という固有名詞が引き受けるとき、この二語の間には意味的な対称性が生じているとともに、その対称性押韻と言う音の類似が際立てるのである。押韻する二語をA-Bと言う風にしてみて、まずA-Bを意味内容から見ればA-Bの関係は不特定多数ー特定個人という対立関係(A≠B)である。だが、A-Bを音の観点から見ればMEIMEI-KEIJEIという類似の関係(A≒B)となっている。言葉を意味=内容、音=形式に分解し、それぞれが異なる関係を結ぶことで表現が豊かなものとなるのだと言えるのだ。

 もちろん、これは押韻の使われ方の一例であり、さまざまな工夫によってラッパーたちは表現を高めている。例えば、「ラップの場合はその裏にある政治性を読み取らなければ意味がない。だからこそ表現として若くて楽しい」(ときチェケ♪)などという磯部涼は最悪の日本語ラップリスナーである。このようなリスナーとしての姿勢は、ラッパーを擁護し、日本語ラップを愛しているかのような印象を与えるが、その実「スキル」を無視することで日本語ラップを冒涜している。なぜなら、彼が高い評価を与えているTHE BLUE HURBのBOSSやSEEDAはそれぞれ、「キャリアを口にする前に技を学びな」「心に書き留めたフリースタイル 生かすも殺すもスキルが介す」と歌っているのだ。BOSSの歌詞などはそのまま磯部の日本語ラップ観への批判となっている。「キャリア」=作品の外部、つまりラッパーの個人的な私生活を重視するのではなく、「技」=形式的な技術を見よといっているのだ。SEEDAの歌詞についても同じだ。どれほど私生活で素晴らしい想い=「フリースタイル」が生まれようと、それをリスナーへと伝える=「介す」のは「スキル」=技術に他ならないのだ。このような視点から日本語ラップは聴かれなければならない。